日東ホルカム株式会社 プレスリリース (令和3年5月21日 更新)


報道関係者 各位                                           

(プレスリリース)                                                      

 

2021520日                                    

日東ホルカム株式会社

 

CrushBox新ソリューション、テレワーク禍のiPAD・パソコンのデータ抹消と社会福祉(SDGs)ワークショップ「OKURUBITO」ワンストップソリューションサービスを開始!


国内シェア90%以上のHDDクラッシャー日東造機株式会社のRD事業を行う、日東ホルカム株式会社(千葉県茂原市:代表取締役 唐鎌益男)では、東京墨田区の拠点「東京RD事業所」において、Crush Box(クラッシュボックス)シリーズの法人向けレンタル事業・通販事業と、テレワーク禍の個人ニーズに対応した、iPAD等のデータ抹消サービスと電子基板を利用したラペルピンやネクタイピン等の都市鉱山工芸品を制作する、ワークショップ「OKURUBITO」ワンストップソリューションサービスを524()より開始します。

 

東京R&D事業所はコンピューターのハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートデバイス(SSD)、フラッシュドライブ、CD/DVD/ZIP/MO/FD/DLT/LTO、PDA、スマートフォン等の電子記録媒体を物理的に破壊する「Crush Box/クラッシュボックス」を2003年から担当しています。

 

▼ 日東ホルカム HP: https://www.nittoh-horukamu.com


CrushBox新シリーズについて。

 

20211月、新発売した「NewCrush Boxシリーズは、New ハイドロリックモーション機構「NITTOH Power」を搭載し、圧壊力を最大2倍(HDB-30V MAX6トン、DB-60PRO MAX12トン)に高めました。さらにNSA(米国国家安全保障局)ガイドライン破壊手法(パンチ、ベンド、ワッフル)に完全準拠の物理破壊が可能です。

保証3年、機械的寿命200,000回、電気的寿命100,000回と同業他社の310倍の動力性能を有し、東京R&D事業所との連携でサポートも手厚くなりました。

 

 

▼総務省ガイドライン

 

総務省は、住民の納税記録など個人情報を保存していたパソコンを自治体が廃棄する際は、ハードディスク(HDD)などの記憶装置を物理的に破壊するように自治体向け情報セキュリティー指針に明記した。

神奈川県で昨年、大量の個人情報を含む行政文書を保存したHDDが流出した事件を受けて、対策を強化する。

既に記憶装置の確実な破壊を自治体に通知しており、指針への記載で徹底を図る。

改定指針は、パソコンの廃棄に当たり、保存していた情報の機密性に応じた対策を要請。住民基本台帳の記載内容や税、介護、年金などの個人情報(レベル3)は、記憶装置の物理的破壊を求め作業には職員が立ち会う。

(出典:総務省)

 

機密性レベル23HDDは自ら破壊するか、委託処理業者に対し、破壊トレーサビリティ写真が付いた破壊完了証明書の提出を、期限を決め報告することを定めた。

 

 

▼日東ホルカム株式会社 東京RD事業所の事業概要

 

20191025日の茂原市を襲った集中豪雨による河川氾濫により、日東造機グループは大きな被害を受けたことから、第二の柱としてソリューション事業を行う、日東ホルカム株式会社 東京RD事業所を開設しました。

東京R&D事業所ではCrushBox公認通販、 Crush boxレンタル、出張データ消去サービス、CrushBoxサービスリセラー研修、福祉施設・パソコン3R関連事業者・産業廃棄物関連事業者が行うITAD事業支援を行っています。

 

130-0014 東京都墨田区亀沢2-4-10 コーポリヴァーストン101

 日東ホルカム株式会社 東京R&D事業所

 

TEL:03-6240-4555   FAX:03-6240-4566

お問合せE-mail:info@nittoh-horukamu.com

 

担当:唐鎌 益男(カラカマ マスオ)

 

*特許取得のオンサイトレンタル&出張HDD/SSD/LTOの電子記憶媒体の破壊サービス。

(*情報記録媒体の破壊装置の管理方法)特許第6734498

 

ダウンロード
最終プレスリリース-日東ホルカム.pdf
PDFファイル 1.3 MB


パソコン廃棄時の5W2H2C ハイリスクアプローチについて、お片付けのアメイジー様よりyoutube動画サイトで紹介されました。(20分)
パソコン寄贈からデータ抹消、マテリアルリサイクル&SDGsの取り組み までを取材いただきました。


日東ホルカム㈱ プレスリリース(履歴)



●プレスリリース(令和2年9月16日)   新型コロナウイルス感染防止対策について。


日東造機株式会社 Crush Box 東京営業は2020年8月17日(月)より電話番号が下記のように変更になりますのでお知らせいたします。

新電話番号:03-6240-4555   FAX:03-62404566   *E-mailは変更ございません。

 

●日東ホルカム株式会社内に日東造機 Crush Box営業及び東京ショールームを移設しました。

*日東造機株式会社 東京営業所に隣接しています。

 

尚、旧電話番号:03-3625-6551   FAX:03-3625-6553 は日東造機株式会社 油圧営業になります。

 



●プレスリリース (令和2年8月6日)  CrushBoxビジネス特許取得。


特許番号:特許第6734498号  特許出願番号:特願2020-104039

>  発明の名称:情報記録媒体の破壊装置の管理方法

>  特許権者:神田智一、唐鎌益男

>  特許出願日:2020/06/16

>  特許査定 :2020/07/07

>  特許登録日:2020/07/13



プレスリリース (令和2年7月28日)

総務省:パソコン廃棄に関する指針改定。マイナンバー情報記録のパソコンは職員立ち会いのもと物理的に破壊と証明(トレーサビリティ)を確認することを通達。


日東ホルカム株式会社 東京R&D事業所開設のご案内。

 

日東造機グループの日東ホルカム株式会社(本社:千葉県茂市 日東造機A棟 代表取締役 唐鎌益男 ☎0475-20-1280)は都内に東京R&D事業所:東京・墨田区亀沢2-4-10-101

☎ 03-6240-4555を開設し、6月1日から本格始業、7月1日より営業開始 しました。

 

日東造機が製造する「Crush Box(クラッシュボックス)」のオンサイトレンタル事業等の総合ソリューション拠点や製品のショールームとして機能しながら、公認Crush Box通販サイトの運営、店頭販売、Crush Box修理支援サービス、保守支援サービス、サービスリセラー講習、レンタルリセラー講習を行っています。

 

 

 

 


特許番号:特許第6734498号  特許出願番号:特願2020-104039

>  発明の名称:情報記録媒体の破壊装置の管理方法

>  特許権者:神田智一、唐鎌益男

>  特許出願日:2020/06/16

>  特許査定 :2020/07/07

>  特許登録日:2020/07/13

整理番号:9784 特願2020-104039  (Proof) 提出日:令和 2年 6月16日

ダウンロード
ビジネス国際特許を出願とビジネスモデル講習
オンサイトレンタル&出張破壊サービスのリセラー講習を開始しました。
CrushBoxオンサイトレンタルリセラー講習.pdf
PDFファイル 193.1 KB

循環環境新聞

ダウンロード
日東ホルカム株式会社 CrushBoxオンサイトレンタルの拠点 東京R&D事業所を開設。日報ビジネス(資源循環新聞掲載)
CrushBoxシリーズによるオンサイトレンタル、オンサイトデータ抹消(物理破壊)をスマートフォンとサーバーで管理、基本料金と破壊台数課金するデータ抹消(物理破壊)証明書の発行をワンストップで完了するビジネスモデル(国際特許出願)有料会員パートナーを募集いたします。
EPSON002.PDF
PDFファイル 735.3 KB

日東ホルカム株式会社 東京R&D事業所の受付には、2019年10月25日に発生した大雨河川氾濫で被害を受けた日東造機グループのOA機器(パソコン)やコイルを使った、人工衛星模型を展示しています。

被害にも挫けず復旧した社員一同の思いを記憶として残す。

同じ人工衛星は環境省にも納入しました。(入札)



自治体様向けCrushBoxオンサイトレンタル&オンサイト記録メディア破壊サービス。


更新日:令和2年7月9日 

 

日東ホルカム株式会社は、自治体向け廃棄パソコン内HDD/SSD破壊サービスを、福祉施設が行うパソコンリサイクル事業と連携しながら推進しています。

 

メーカーだからできるCrushBox全シリーズを活用した電子記録破壊出張破壊サービスを関東圏で実施しています。



自治体様 納入事例(船橋市 ) 最高峰のデータ抹消装置(DB-HYBRID ) DB-60HB-WH



生産完了(中止)のお知らせ)




第9回 情報セキュリティEXPO出展のご案内

ブースではパソコンリサイクルをアートの目線で福祉支援!をコンセプトに、廃棄パソコンのCPUや電子基板を活用したビジネスシーンでのアクセサリー、HORUKAMUブランドの都市鉱山ストラップやネクタイピン、ラペルピン等を展示いたします。
このアクセサリーはAMAZON(アマゾン)通販でご購入いただけます。



日東ホルカム株式会社のみのプロフェッショナル出張HDD/SSD等のデータ抹消サービスは、独自の特殊オリジナルアダプタにより全ての記録メディアに対応します。