●NITTOH-HORUKAMU(日東ホルカム株式会社)プレスリリースご案内↓


プレスリリース

1)情報記録媒体の破壊装置の管理方法。
2)DB-60PRO 対応SSD物理破壊アダプタを発売。

3)日東造機CrushBox営業部門の電話番号変更のお知らせ。

4)テレワーク時の連絡について。

5)CrushBox納期情報について。(毎日更新)

6)HDB-25及びDB-35Ⅲ 生産中止と互換機について。

)短期レンタルのご案内。

 

8)総務省:自治体の廃棄パソコン情報流失を受け、新ガイドライン発表

9)DB-AOS2 破壊証明書発行ソフト(無料提供)

 


1)国際特許取得 

Crush Box(クラッシュボックス)オンサイトレンタル・オンサイトデータ抹消(物理破壊) 

 

 特許番号:第6734498号  

 

 発明の名称:情報記録媒体の破壊装置の管理方法

 

 特許権者:神田智一、唐鎌益男

 

 特許出願日:2020/06/16

 特許査定 :2020/07/07

 特許登録日:2020/07/13

 

お問い合わせは

E-mail:karakama@nitoh.co.jp

 

 

 



プレスリリース  令和2年10月1日

2)HDD破壊機にSSD破壊アダプタを新発売!

予約受付開始しました。


プロフェッショナルHDD破壊機 DB-60PROにSSD対応アダプタを発売しました。(形式:DB-OP-60SSD)

SSD/M.2/mSATA各種フラッシュアレーの物理破壊が可能です。

 

DB-60PROに対応する破壊メディアの種類が大幅に増えました。

 

この件のお問合せは TEL:03-6240-4555 



3)日東造機株式会社 Crush Box部門の電話番号 変更のお知らせ。


日東造機株式会社 Crush Box 東京営業は8月17日(月)より電話番号が下記のように変更になりますのでお知らせいたします。

新電話番号:03-6240-4555   FAX:03-6240-4566   *E-mailは変更ございません。

 

●日東ホルカム株式会社内に日東造機 Crush Box営業及び東京ショールームを移設しました。

*日東造機株式会社 東京営業所に隣接しています。

 

尚、旧電話番号:03-3625-6551   FAX:03-3625-6553 は日東造機株式会社 油圧営業になります。

 

 

 



4) 【テレワーク時の対応について】

 

現在、日東ホルカム㈱では新型コロナ対策として在宅テレワークと会社出勤の分業対応となっております。

 

東京R&D事業所 不在時はFAXはご対応が困難ですがメール・電話はテレワーク先、及びスマートフォンに転送されます。

 

ご連絡はメールにてお願いいたします。お急ぎの場合は携帯までご連絡ください。

 

尚、ご注文済み問い合わせの際は、発注日、形式、数、注文番号をお知らせください。

 

また、関連 NPO法人「自立支援工房あんとんねぇよ」についても同様です。

 

寄贈パソコンの持ち込みは事前予約(Tel:0475-20-1280)が必要です。

 

日東ホルカム㈱ 本社(千葉県茂原市高師585 日東造機内A棟)でご対応いたします。

 

□□□ 日東ホルカム株式会社

□□ 東京R&D事業所

□□□ 唐鎌益男

□□  〒130-0014

□   東京都墨田区亀沢2-4-10

□□  コープリヴァ-ストン 101

□□□ Tel.03-6420-4555 Fax.03-6240-4566

□□□□karakama@nittoh.co.jp

□□□□お急ぎは→ 携帯:090-6927-7592

 



5) Crush Boxシリーズ納期情報について。


● CRUSH BOXシリーズ納期情報:2019年12月 県庁の廃棄パソコン内 HDDの転売事件による個人情報を含む行政文書なんどの情報漏洩事件から、注文が急増していて生産が追い付いていない状態が続いています。
納期がかかり大変申し訳ございません。在庫運用まで今しばらくお待ちくださいませ。 (10月末予定)

納期情報(大日程)

更新日 : 令和2年10月1日

*受注が急増にともない生産量を2倍に引き上げておりますが、受注残が多く在庫切れが発生しています。

 

Crush Boxの月間生産数は最大100台です。 (大口案件は別途お打合せ。) 

 

 9月生産予定:HDB-30V 30台、DB-60PRO 30台、DB-80SSD 10台 (予約受付中)

10月生産予定:HDB-30V   50台、DB-60PRO 15台、DB-80SSD 10台    (予約受付中) 

(MB-25Ⅲ、DB60HB-WHは個別回答のため除く)

   

毎月機種毎に生産していますので、予約注文をご活用くださいませ。

予約注文担当:日東造機㈱ (唐鎌/カラカマ)と問い合わせは

 e-maill : karakama@nittoh.co.jp 

 

●10月1日 付の新規注文機種別納期状況↓ 
 
新規ご注文は受注後1.5カ月かかります。 
 (10台以上は別途打ち合わせ)
  

 破壊証明書を含む物理破壊装置の運用の特許を取得しました 。

お問合せは→ karakama@nittoh.co.jp

 

また、最高峰データ抹消複合機(磁気消去+物理破壊)のDB-60HB-WHの次回生産分予約受付中です。

 *DB-60HB-WHはお届け先により運送費が大幅に異なりますので、ご注意くださいませ。

 

*基本安心パック(搬入〜設置〜操作説明)

 

*長距離安心パックあり。(一泊)

        



6)●HDB-25及びDB-35Ⅲ 生産中止について


 生産中止品 

 

●HDB-25  (7月生産以降 生産中止) 代替機はHDB-30Vです。 

 

HDB-25とHDB-30Vの生産比率は2:8です。

 

HDDの物理破壊はベンディング(折る)がNSA(米国)世界標準になっています。

Vベンディング+2カ所の孔(NSA準拠)HDB-30Vを推奨いたします。

 

●DB-35Ⅲ(生産終了済み)代替機はDB-60PRO Vベンディング+4カ所の孔

(NIST/NSA(米国))準拠。

 

 



7)●短期レンタルのご案内


納期遅延、大変ご迷惑をおかけしますが、Crush boxサービスリセラーの出張HDD破壊サービス、及び当社の短期レンタルをご検討願います。

 Crush Box 短期レンタル(日東ホルカム)について、詳しくは下記お問合せください。

 

日東ホルカム株式会社

東京R&D事業所 唐鎌益男  

TEL 03-6240-4555 FAX 03-6240-4566 携帯090-6927-7592 E-meil:karakama@nittoh.co.jp 

 

テレワーク等の不在時は電話転送・パソコン(移動wifi)・スマートフォンで対応いたします。

どこでもいつでもE-mail 連絡はcrush-b0x@docomo.ne.jp

オンサイトレンタル・オンサイト破壊サービス

Crush box通販




8)総務省:自治体の廃棄パソコン情報流失を受け、新ガイドライン発表


自らHDD(ハードディスクドライブ)を物理破壊する自治体が急増!

総務省は、住民の納税記録など個人情報を保存していたパソコンを自治体が廃棄する際は、ハードディスク(HDD)などの記憶装置を物理的に破壊するよう、近く改定する自治体向け情報セキュリティー指針に明記する。神奈川県で昨年、大量の個人情報を含む行政文書を保存したHDDが流出した事件を受けて、対策を強化する。

 

既に記憶装置の確実な破壊を自治体に通知しており、指針への記載で徹底を図る。

 

改定指針は、パソコンの廃棄に当たり、保存していた情報の機密性に応じた対策を要請。住民基本台帳の記載内容や税、介護、年金などの個人情報(レベル3)は、記憶装置の物理的破壊を求める。作業には職員が立ち会う。

 

立ち会いが難しい場合は処理業者に対し、写真が付いた破壊作業の完了証明書の提出を求める。

 

ダウンロード
総務省:廃棄パソコンのデータ消去ガイドライン
総務省ガイドライン(物理破壊).pdf
PDFファイル 1.8 MB


9)DB-AOS2 破壊証明書発行ソフト(無料提供)について。

● 生産中止 DB-AOS2 破壊証明書無料でご提供。

DB-AOS2・電子記録媒体の機能破壊証明書発行フリーソフト取扱説明書PDF です。

メールにてExcel添付送信ご依頼ください。karakama@nittoh.co.jp )
いつ、どこで、誰れが、何を、物理破壊したかを証明書として保管するアドオンソフトです。(無料/サポート不可)

日東ホルカム、及びNPO法人自立支援工房あんとんねぇよが発行するオンサイトレンタル、オンサイト電子記録メディア破壊サービスの物理破壊証明書の事例です。

(エクセル)


ダウンロード
DB-AOS2機能破壊証明書 取扱説明書です。
ex2007db25dx2m(x64)破壊証明説明2018.pdf
PDFファイル 1.8 MB

Crush Box(クラッシュボックス)オンサイトレンタル・オンサイトデータ抹消(物理破壊)   
情報記録媒体の破壊装置の管理方法を国際特許取得しました。


総務省:マイナンバー利用事務系に該当する情報は職員立ち会いのもと物理的に破壊し完了証明書を確認する。

ダウンロード
物理破壊証明書です。
CrushBoxオンサイトレンタル&出張破壊サービス物理機能破壊証明書雛形(標準)。
日東ホルカム 物理破壊証明書雛形5.pdf
PDFファイル 1.7 MB
ダウンロード
写真(大)
10~100個程度の破壊証明
日東ホルカム 物理破壊証明書雛形4.pdf
PDFファイル 479.9 KB



10)●重要なお知らせ。CrushBox非公認レンタルについて。


このサイトは日東造機株式会社のHDD破壊機(「Crush Box」クラッシュボックス)シリーズの公認サイトで、企画広報担当の唐鎌 益男(カラカマ マスオ)により管理しています。

日東造機のHDD/SSD破壊機「 Crush Box」の公式通販・オンサイト修理支援、オンサイトレンタル、サービスリセラーと連携した出張HDD破壊サービス、Crush Boxサービスリセラースキルアップ研修、通販、HORUKAMU都市鉱山アートソリューション通販サイトです。

 

非公認レンタル事業者のレンタルはPL法の準拠により禁止しています。

 

日東造機Crush Box非公認レンタル事業者にご注意ください。

非公認レンタル事業者は日東造機が定めるCrush Boxシリーズを安全に取り扱うPL法対応技術講習や操作講習を受けていません。

講習を受けない事業者からのレンタルは禁止しています。

CrushBoxシリーズは10Kg~97Kgと重量物ですのでので、取扱の不備による事故の防止を最優先にZoom等で操作説明、安全講習や破壊手法(NIST/NSA準拠)のご案内しています。

 

 

 

公認認定事業者の紹介は↓

karakama@nittoh.co.jp  TEl:03-6240-4555

 



crush box生産の様子です。DB60PRO、DB80SSD、HDB30V、DB60HB-WH 月産総数100台