日東造機株式会社(設立は1950年(昭和25年5月27日)及び日東ホルカム株式会社は、千葉県茂原市に本社工場を置くホールディング(分社化企業含む)のグループの会社です。コイル等の電子部品を製造する日東電機や、ストレージメディアを物理的に破壊する「Crush Box(クラッシュボックス)」を製造する三央工業株式会社、及び日東ホルカム株式会社をはじめ、世界市場に向けた製品を提供する革新者であり、多くの特許技術を有しています。

 

日東造機Crushboxの歴史は、日東造機グループ企業の三央工業(CrushBox製造)とシステムパートナー(企画・販売)の連携で歩んだ参りました。

 

第1回情報セキュリティEXPO(ビックサイト/幕張メッセ)から連続18回の出展等、製販一体で事業を推進、データ抹消(物理破壊)市場でシェア90%以上と、ほぼ市場を独占するまでご愛顧を賜りました。

 

2019年10月25日の茂原市を襲った集中豪雨による河川氾濫により、日東造機グループは大きな被害を受けたことから、第二の柱としてソリューション事業を行う、日東ホルカム株式会社 東京R&D事業所を開設しました。

 

東京R&D事業所ではCrushBox公認通販、 Crush boxレンタル、出張データ消去サービス、リセラー研修、福祉施設、パソコン3R関連事業者、産業廃棄物関連事業者が行うITAD事業支援を行います。 

 

日東造機グループの一員としてCrushBox総合ソリューション事業を推進、品質方針(5S運動)PDCAサイクルを回し、顧客満足の向上とグループの企業価値を高めて参ります。

今後ともあたたかいご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

日東ホルカム株式会社

代表取締役 唐鎌益男

 

 


    日東ホルカム株式会社 品質方針(5S運動 整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)

  1. 私たちは「顧客満足の向上」5s品質方針を定め、最高のソリューションを提供します。
  2. 私たちは、常に創造し生活環境にやさい製品と持続可能(SDGs)なサービスを提供します。
  3. 私たちは、「部門プロセス」を理解し、自ら改善意欲を持てる人財を育成します。

 弊社では、毎年品質向上への取り組みとして以下を実行しています。

  1.プロセス毎に品質目標を設定して、品質の向上に努める。

  2.顧客満足度アンケート調査を行い満足度の向上に努める。

  3.社内にて内部監査を行い、品質方針が機能しているかをチェックし、同時に品質向上への機会を図ります。

日東造機はCrushBoxソリューション事業の営業プロセス(ISO 9001に準拠した品質マネジメントシステム)の要求事項を定めています。

  • 顧客満足の向上

計画・実施・効果・測定・改善 (PDCA)

  • 業務効率の改善や組織体制の強化       日東造機との連携でプロセス毎の品質方針を定める 
  • 法令順守(コンプライアンス)の推進     データ・セキュリティ・コンソーシアムへの参加
  •                       (ISO9001,ISO27001,ISO15001 勉強会の実施 )
  • 仕事の見える化による業務継承の円滑化    日東造機との営業プロセスの連携
  • リスクマネジメント             日東造機との連携で営業プロセス毎の品質方針を定める
  • 継続的な改善による企業価値の向上                  日東造機との連携でのCrushBox事業の営業管理
  • 品質保証による社会的信頼や顧客満足の向上  Crushboxサービスリセラーとの連携と認定事業

 

 


日東ホルカム株式会社

会社法人番号:0400-02-082098 

本社:〒297-0029  千葉県茂原市高師585

TEL:0475-20-1280   FAX:0475-20-1277

 

https://www.nittoh-horukamu.com

 

E-mail: info@nittoh-horukamu.com

 

東京R&D事業所:130-0014 東京都墨田区亀沢2-4-10 コーポリヴァーストーン101

TEL:03-6240-4555  FAX:03-6240-4566

 

長生HORUKAMU事業所:299-4211

千葉県長生郡白子町五井1724-3

  

創立:平成15(2003年)年7月10日  

 

目的:

1.CrushBox(ストレージクラッシャー)及び電気制御機器及び  

  部品の販売

2.油圧、空気圧制御機器の販売及びレンタル

3.電気部品を利用した装飾品の製造販売

4.省電力設備機器の製造、販売

5.デジタルコンテンツの企画、開発、デザイン、販売

6.キャラクターグッズの企画、開発、デザイン、販売

7.ITアセットディスポーサル(ITAD)事業

8.障がい者就労施設のパソコンリサイクル支援事業

9.上記に付帯関連する一切の事業

  

発行可能株式総数:200株

発行済株式の総数:160株

資本金:800万円  資本準備金:200万円 

 

 

代表取締役 唐鎌 益男

株主 唐鎌 明美

SBホールディングス(神田 智一)

唐鎌 北斗、唐鎌 織生

 

 

令和2年5月27日 有限会社システムパートナーを商号変更し移行したことにより設立  

 


反社会的勢力排除に関する誓約書

連携企業

 

・日東造機株式会社

・三央工業株式会社会

・特定非営利活動法人自立支援工房あんとうねぇよ

・株式会社システムブレイン

・SBホールディングス株式会社

・リユース環境株式会社

・CrushBoxサービスリセラー

 

CrushBoxレンタル事業

●株式会社ジェイエスキューブ

 

CrushBoxリファレンズ(応用製品)通販

●ロジテックダイレクト(通販)

 

ふるさと納税返礼品 (茂原市)事業

●ふるさとチョイス

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

・パソコン、サーバー等のITアセット事業 

・茂原市ふるさと納税制度対応 HDD破壊サービス

・同 都市鉱山アート工芸の企画・販売

 

 

データセキュリティコンソーシアム

〒130-0014
東京都墨田区亀沢2-4-10 1F101

URL:https:.www.data-security-c.net

 

代表理事:上川路 宏

事務局長:唐鎌 益男  

 



個人情報保護方針


反社会的勢力排除に関する誓約書 当社は、下記の事項に関して誓約いたします。 記 1.貴社との取引に際し、当社(主要な出資者、役員、およびそれに準ずる者を含む)が暴力団・暴力団員・暴力団準構成員・暴力団関係企業・特殊知能暴 力集団の関係者・総会屋・その他公益に反する行為をなす者(以下、「反社会的勢力」という)ではないこと、かつ次の各号に定める「反社会的勢力」との 繋がりを有していないことを誓約いたします。

 

(1) 「反社会的勢力」から、直接・間接を問わず、かつ、名目のいかんを問わず、資本・資金を導入し、資本・資金上の構築を行っていないこと。また、 今後も行わないこと。

 

(2) 「反社会的勢力」に対して、直接・間接を問わず、かつ、名目のいかんを問わず、資金提供を行っていないこと。

また、今後も行わないこと。

 

(3) 「反社会的勢力」に属する者及びそれらと親しい間柄の者を当社の役員または従業員として選任し、または雇用してはいないこと。

 

また、今後も選任 または雇用しないこと。

 

(4) 自らまたは第三者を利用して、相手方に対し、以下のいずれかの行為を行うこと。 ・ 暴力的な要求行為 ・ 脅迫的な言動または暴力を用いた行為 ・ 名誉または信用を毀損する行為 ・ 法的な責任を超えた不当な要求行為 ・ 風説の流布、偽計または威力を用いた妨害行為 ・ その他前号に準ずる行為。

 

2.本誓約書の内容に違反した場合または虚偽の申告をしたことが判明した場合には、何らの催告なしに貴社との取引停止、または契約解除の取扱いを受け ても異議申立てを行いません。 また、これにより損害が生じた場合でも、一切を当社の責任 とします。

 

3.本誓約書は取引が継続する期間中有効とします。

 

以 上

 

法人名:日東ホルカム株式会社

代表取締役: 唐鎌 益男

所在地:〒297-0029

千葉県茂原市高師585

電話番号:0475-20-1280 FAX:047520-1277

 

info@nittoh-horukamu.com

 

個人情報保護方針

 

日東ホルカム株式会社(以下「当社」といいます)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

【個人情報の管理】

当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

【個人情報の利用目的】

お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

【個人情報の第三者への開示・提供の禁止】

当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

【お客さまの同意がある場合】

お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合

法令に基づき開示することが必要である場合

【個人情報の安全対策】

当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

【ご本人の照会】

お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上 、対応させていただきます。

【法令、規範の遵守と見直し】

当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

 

【お問い合せ】

当社の個人情報の取扱に関するお問い合せは下記までご連絡ください。

 

法人名:日東ホルカム株式会社

代表取締役: 唐鎌 益男

所在地:〒297-0029

千葉県茂原市高師585

電話番号:0475-20-1280 FAX:047520-1277

 

info@nittoh-horukamu.com



日東ホルカム株式会社 ホームページのご利用案内

ご利用条件

日東ホルカムWebサイト (以下、当Webサイト) は日東ホルカム株式会社 (以下、当社) が運営しています。

当Webサイトを利用される際は、以下のご利用条件をお読みください。
当Webサイトを閲覧された方がサイトをご利用いただくことにより、この利用条件に同意されたものとみなされます。
また、当社は予告無しに当Webサイトのご利用条件を変更することがあります。あらかじめご了承ください。

免責事項

当Webサイトに情報・資料を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、誤り・誤記等が含まれる可能性、情報

・資料が最新のものに更新されていない場合もあります。
当社は、当Webサイトの運営、その内容が正確であるかどうか、適時に更新されているかどうかについて、利用目的へ

の適合性、第三者の権利の非侵害等を含め、一切保証するものではありません。
当Webサイトのリンク先またはリンク元である第三者のWebサイトの内容は、当社の管理下にはありません。
当社はそれらのWebサイトの内容について、また、それらのWebサイトをご利用になったことにより生じた一切の損害

について責任を負いません。

個人情報

当社は、当Webサイト上の「お問い合わせフォーム」または電子メールを通して、氏名・住所・e-mailアドレス等の

個人情報 (以下、個人情報)をご提供いただく場合があります。
ご提供いただいたお客様の個人情報は、あらかじめお客様の事前の同意を得た場合を除き第三者に提供いたしません。
しかし、次の各項に該当する場合は、お客様の事前の同意を得ることなく、お客様の個人情報を第三者に提供すること

があります。

法令の定めに基づく場合
人の生命、身体又は財産の保護のために必要な場合
当社の業務委託先または協力会社に対して、業務に必要な範囲において開示する場合
当社は、ご提供いただいた個人情報について第三者が個人情報に触れることがないよう、適切な管理体制のもとに

責任者を決め、保管いたします。

参照情報

当社は当Webサイトの各ページへの参照に関し統計的分析を行っていますが、その分析のための情報に個人情報が含ま

れることはありません。
したがって、お客様はご自身の個人情報を開示することなく当Webサイトを閲覧することができ、Webサイトを参照し

ただけでは、お客様の個人情報が収集されることはありません。

著作権

当Webサイト上の情報・資料の著作権・その他の権利は、特記事項がない限り当社が所有しています。

商標 "HORUKAMU"ホルカム” は日東ホルカム株式会社の登録商標です。
"Crush Box" は三央工業株式会社の登録商標です。
"Microsoft", "Windows", "Excel" は米国 Microsoft Corporation の登録商標または商標です。
"Adobe", "Acrobat" は Adobe Systems Incorporated の登録商標または商標です。
その他、当Webサイトに記載された会社名・製品名・サービス名・ロゴは、それぞれ各社の商標または登録商標です。

情報記録媒体の破壊装置の管理方法(国際特許取得済み)

破砕機や粉砕機は証拠隠滅ともとらえられますので、物理破壊とのひも付き管理が必要です。
(物理破壊装置の運用管理:世界特許取得済み)